Dクラスアンプ搭載、250W/ch(4Ω)の大出力を実現した"WADIA - A315"

アルミニウムのボディにガラスをあしらったデザインは、新生ワディアを象徴します。
今までのD級増幅を超えた、滑らかで艶がある、力と優しさを兼ね備えたアンプです。

主な特徴

輸入代理店サイトより抜粋し、編集しています。

主な仕様

形式Dクラスステレオパワーアンプ
定格出力250W+250W(4Ω)/150W+150W(8Ω)
周波数特性20Hz~20kHz(-0.5dB)/10Hz~70kHz(-3.0dB)
全高調歪率0.1%(0~50% Out put power)/0.5%(50%~MAX Out put power)
混変調歪率0.1%
入力系統・インピーダンス1×アンバランス(RCA・10kΩ)、1×バランス(XLR・10kΩ)
※排他使用
出力系統1×スピーカー端子(ペア)
入力感度・電圧利得アンバランス:1.2V/バランス:2.4V・29dB
S/N比88dB(アンバランス入力時)
90dB(バランス入力時)
ダンピングファクター8Ω負荷時:320以上/4Ω負荷時:160以上
外形寸法(W×H×D)454×86×506(mm)※端子突起部含む
重量12.5kg
消費電力動作時:130W・スタンバイ時:0.5W以下

50%OFF WADIA a315(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

50%OFF WADIA a315(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

↑ページトップへ戻る

50%OFF WADIA a315(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ